白髪でもイケてる女になれますか?

髪の毛が美しいと綺麗に見える。
艶やかな髪の毛は若返りのためには必須だ。
だから少し高めのシャンプーだっていい。
それにドライヤーは低温で痛めつけないように気を付けている。

http://www.sambata.org/

だけどやはり年齢には逆らえない。
どんなにワカメを食べたって、白い毛は増える。
ストレスのせいなのか、一気に増える。
いつも分けている部分に白髪が多い事を確認したので、右分けから左分けに変えてみた。
そしたらまた分け目の部分の白髪が増える。
ジグザグにやってみた。
どうやらもう手遅れらしい。
白髪はもう全般的に生えている。

白髪は一気に老けさせる。
黒髪だったら20代に間違われるこの顔も、白髪ってだけで60代に見えてしまう。
何とかして隠したい。

染めるしかない。

美容院でこの量の白髪を染めてもらうのは若干気が引ける。
市販のもので軽く染めてから美容院へ行こうか。
いや、絶対に染めたことはバレてしまう。

覚悟して美容院で染めてもらう。
綺麗になった。
随分と若返った。

喜ぶのも束の間、また根元がどんどん白くなってくる。
そんなに頻繁に美容院へ行く時間もお金もない。
しょうがないから、市販のもので染めてみる。
白いものは見えなくなる。

でも髪は痛んでしまう。
何度も染めて、パサパサになる。
綺麗に見せるためにアイロンで整える。
熱で痛む。

白髪が伸びる。
染める。
パサつく。
アイロン。

永遠に続くループに少し疲れかけてきた。
いっそのこと染めるのをやめてしまえば真っ白なんじゃないか。
そしたら、イケイケの白銀ヘアーで粋な感じになるんじゃないか。

そんな無謀な夢を描くことしか、もう出来ない。

この歳でこれでは…先が恐ろしい。。。

自分は30代の女です。最近の髪の悩みはズバリ『白髪』!小さい頃から少し白髪が多かった自分…と言っても昔は1本、2本があるかないか程度でした。ただ父が若白髪体質であり、「あなたも似るかもねー」などと言い続けられてきたので多少気にしてはいたのですが…。艶黒美人の効果

決定的になったのはここ2,3年。何かの拍子にフッとサイドの髪をかき上げると今までに見たこともないくらいの白髪が!ライトのせいかと疑ったものの、哀しいことに光の反射でもなんでもなく…。恐る恐る他の箇所もじっくり見てみると、パラパラと出てくる出てくる…

髪の2層目とでも言いますか、ちょうど一番表面の髪に隠れる形で白髪が点在していたおかげで、幸か不幸か今まであまり気付くことはなかったのです。ただ一度気付いてしまうと、それはもう気になって仕方がない。鏡の前で色々な箇所の髪をかき上げてはため息をついてしまいます。

以前はメンズレベルの短髪が好きだったのですが、あまり短くすると内側の白髪が露出してしまうのでだんだん長めになってきました。(と言っても普通のショートカットくらいですが)しかしこれまた不幸なことに髪の量も多いので、うっかり半端な長さにしたり髪を梳かなかったりすると、教科書に書いたような“マッシュルーム”型になってしまうのです。もちろんオシャレ感皆無の。

髪を染めるというテもありますが、一度そうすると染め直し等のメンテナンスに苦労しそうなのでそれもまた考えもの…。そんなこんなで、キノコ髪にならない程度、かつ白髪を隠せる長さをキープするのに必死な今日この頃です。

白髪で悩んでいる事自体が、いやだ

44歳(女の厄年だと女性の上司談…。本当なのか確認する気にもならないが)過ぎてから一気に白髪が増えてきて月一でカラーリングをしている。艶黒美人

人と会う仕事柄とはいえめんどくさい!生え際がキラキラしてくるとウンザリ!美容師さんに「グレイヘアって楽で良さそうですよね?」て聞くと、「あー、あれ結構時間かかりますよ、移行期間が」教えてもらうと、まずはナチュラルな髪をある程度伸ばしていくけどそこの部分をヘアマニュキュアとかでカバーしながら伸ばしグレイヘアに移行させるけど、かなりの人が挫折するとか。

あと一番は、「やつれた白髪交じり」の印象を与えないようにヘアケアにがっつり力を注がねばならないらしい!つまりわたしの様に「面倒くさいのでグレイヘア?」という無精者には、あんまり向いてない様なのだ。

何処かにないもんだろうか?ラクちん、でもキチンと見せかける身だしなみの技術は…

差し当たり、通勤の時間分だけ余裕が生まれたので、以前お土産で頂いた椿油でヘアパックしてみた。大さじ二杯ぐらいを頭皮にすり込む感じでマッサージ、軽く束ねてラップで巻いてその上からタオルを巻いて半身浴を20分、水分(賞味期限切れの経口補水液に氷を入れてみた。意外に飲める!)取りながら入浴するとなかなか良い汗かいた。あとはシャンプーを2度洗いするだけ!翌朝なかなかサラリといい感じです。白髪対策ではないけど、たまにはいいかと思った。