顔湿疹の原因について

お肌の悩みの一つに「顔湿疹」があります。
湿疹とは、かゆみなどを伴う炎症反応のことで、「皮膚炎」とも呼ばれています。

ビューティークレンジングバーム(oz)の効果と口コミを辛口評価でお届け!

赤い腫れなどから始まり、悪化すると水膨れになったり、膿を持ったり、ただれてしまうこともあります。
この湿疹の原因ですが、刺激の強い物質などによる外的因子による物と、アトピー素因などによる内的素因の物があります。
しかし、中には両者が影響し合って起こることもありますし、病気が関係している物や原因が不明な物など、いろいろな例があります。

肌を外部から刺激する物として、薬剤などの化学物質・花粉・ハウスダスト・アレルゲンなどが挙げられます。
また、その時の健康状態や体質によっても、湿疹が生じやすくなることがあります。
例えば、皮脂の分泌状態や、アトピー素因の有無など。

また、肌のバリア機能が下がることで、外部からの刺激に弱くなることもあります。
人間の肌は、表皮・真皮・皮下組織の三層に分かれており、表皮の最も外側の角層では、角層細胞と細胞間脂質が隙間なく埋め尽くすようになっています。
さらに、角層の表面を皮脂膜が覆うことにより、乾燥などから肌を守るバリアとなっています。
しかし、角層の水分量が下がったりするとバリア機能も下がり、肌に細菌などが入り込みやすくなり、その結果肌は自分をガードするために炎症などが起きてしまうのです。