祖母の思い出と白髪

私の両親は共働きでした。幼いころは学校が終わると、多くの時間を祖父母と共に過ごしていました。

祖父母は私を大切に扱ってくれました。私も祖父母の手伝いをするなどしていました。

お手伝いの一環として、白髪抜きというものがありました。ボタニカルエアカラーフォーム

祖母の白髪を抜くと1本あたり1円のお小遣いをくれたのです。

白髪交じりの髪で染めてはいませんでしたから、何本も抜いたものでした。

ただ、大した額にはなりませんが、それでも子供にとっては駄菓子代にはなるものです。

現在、私も年を取り、白髪が目立つようになってきました。

私は、幼いころの影響か、白髪を自分で抜くようになっていました。

目立つ白髪を自分で鏡を見ながら一本づつ抜くのです。

少し大変ですが、慣れたもので、日課のようなものです。

しかしながら、あるころから頭皮に異常がみられるようになりました。

吹き出物がたくさん出来ているのです。

調べてみたところ、白髪を抜いた後にばい菌が入り込んでしまったことが原因のようです。白髪の処理方法として、抜くのはNGのようです。

今更ながら後悔すると共に、天国の祖父母に悪いことをしたなと後悔しております。

祖母は我慢強い人でしたので、異常があっても言わなかったのだと思います。

お小遣いの分は頭皮のケアに使わせてもらうね。ありがとうおばあちゃん。