子供二人と共に引っ越し

家庭の事情である土地から新たな土地に引っ越してきた我が家。その移動は飛行機を必要とする距離。それだけでも大変なのに、今回は小さな子供二人と一緒に移動したので疲労はその倍以上です。それに加え、この引っ越しは次に住む家さえ決まらないまま始まりました。

今は新居を探したり、子供たちの保育所を探したり、自分の職探しなどやる事があり過ぎて毎日バタバタです。子供達はまだどこにも預けられないので当たり前のようにどこに行くそしてにも一緒。家の内見ではすごい勢いで走り回ってあちこちイジるのでこちらはゆっくり家を見れず、学校の見学も二人を監視しながらなので雰囲気を見たり先生とゆっくり話もできず。

役所でもなんでもとにかく私の頭は半分子供達二人の動きを監視し、もう半分は大人同士の話を聞くという中途半端な状態です。それ故話の内容を忘れてしまったり、忘れ物をする事が増えてしまいました。忘れ物のせいで一度で済む内容を何度も繰り返さなければいけなくなり時間が通常よりかかっています。

まだまだイヤイヤが続く子供達との引っ越しは試練です。今回は突然の引っ越しだったので仕方がないとは思いつつ、子連れでの引っ越しがどれだけ大変かを身にしみて感じています。