肌の美しさは内面の充実から

シミ、しわ、乾燥等々、ある程度の年齢になると、お肌の悩みも複数抱えるのが常識。ふと鏡をみると、新たなシミの出現に落胆。眉の間に縦じわができているのは、毎日子供を怒っているせいなのか。アラフォー、アラフィフ女性にとって、そんな出来事は日常茶飯事ですよね。

http://green-rocket.org/
でも最近思うのです。シミやシワが一つもない美魔女のような人は、かえって気味が悪い。確かに綺麗だけど、胡散臭さが漂います。テレビや雑誌で美魔女の方々をよく見かけますが、ライトと修正技術でなんとかしている部分もあるのでは?と考えずにはいられません。

シミやシワをどうにかしようと、今まで散々抵抗してきた私ですが、最近「年相応のシミやシワはそれまで自分が生きてきた証」と考えるようにしました(負け惜しみか!)。そして着眼点を「肌のキメ」のみにシフトチェンジ。多少シミやシワがあっても、肌のキメさえある程度綺麗ならば、なんとかなる気がするのです。
そのためには、規則正しい生活と適度な運動、バランスのとれた食事。化粧水だけは惜しみなくたっぷりと使い、そして何よりも自分だけの楽しみを見つけて、充実感に浸ること。シワやシミ用の高価な美容液には手を出さず、その分のお金は自分の趣味などに投資して、精神的な充実を目指すのです。

肌の美しさは、内面の充実から。仕事をしながら子育て、年老いていく親の介護と忙しい日々を送る毎日ではありますが、肌の老いに抵抗しつつ、充実した毎日を過ごしていきたいものです。