現実から目を背けた毎日

スマホを持ち始めてから一日に数枚は、スマホを向け写真を撮ることが当たり前になっていました。
それまでの10年ほど、写真を撮ることがほとんどなく、アラフォーの私は20代後半から30代とあまり写真を撮ることがありませんでした。

シロジャムを使った私の予想外の口コミを暴露…!効果なしで効かないという評判は本当?

ですが、しかし!

毎日撮る写真の中には、自分にスマホを向けたものもあり、その中の大半の写真は加工アプリで撮ったものなんです。
加工アプリで写真を撮るとインカメでも自分はすでに加工された状態‥。
目鼻立ちは加工されているのは周知の上でしたが、肌まで加工されていたことをすっかりと忘れていました。

ある日、友人のスマホで写真を撮り、さっきの写真だと送られてきた写真を見て中に写る自分の姿に愕然としてしまいました。
シミ、シワがこんなにもあることに‥。
もちろん写真は、メイクをして撮りました。

メイクをする時には鏡を見ているはずですが、時間に追われメイクをしていたので見ていたようで見ていなかったのでしょう‥。
自分のそんな変化には気づかずにいたんです。

毎日スキンケアをしていましたが、さほどこだわりがなく行っていたことに反省しかありませんでした。
美は一日にしてならずなんて言葉がありますが、努力の積み重ねの重要性をすごく感じさせられました。