肌荒れは心にも影響します。

私は学生時代全くお肌の悩みがなかったのですが、24歳頃から肌トラブルで悩むようになりました。
原因は社会人になってバタバタと忙しい日々のストレスと、不摂生な生活習慣だったのだと思いますが、メイクをするのも厳しいくらいにお肌が荒れてしました。

シロジャム

決してブスではないと思うのですが、肌が荒れるだけで精神的にも落ち込んでしまい、自分に自信が持てず、引っ込み思案になっていきました。

身体の不調も感じるようになりましたし、今までなかった食物アレルギーまで出てしまいました。
特に便秘症が酷くなりましたし、食が細くなって元々痩せ型なのにもっと痩せてしまいました。
異性にデートに誘われてもそれどころではないし、何と言うか、色んなことが不調になってしまいました。

病院にも通いましたが精神的なことと言われてしまい、自分は鬱病になってしまったんじゃないかと思うほどでした。
そんなときに私の母に健康セミナーの話を聞いて、ダメ元で行ってみることにしたのです。

そこでごく当たり前な話ですが、睡眠のこと、バランスの良い食事のこと、水をたくさん飲むこと、そして肌はタンパク質でできていることなど聞きました。

私がしたことは質の良い浄水器の水を1日2リットルと、植物性プロテインを40gとることでした。
今でも肌荒れが完璧に治ったわけではありませんが、その頃よりずっと肌は良くなりましたし、便秘症も落ち着きました。
肌荒れは栄養不足のサインを身体が出してくれているものだそうです。

高い化粧水を買う前に、栄養のことや生活習慣を見直すことが大事だと改めて実感した体験でした。