ああ、憎きしわよ

いつの間にか私も26歳。

気づけば正真正銘のアラサーとなりました。

http://www.huntbiosciences.com/

よく「25歳はお肌のターニングポイント」なんて聞きますが、

正直なところ私は25歳でそこまで大きな肌の分岐点的なものは感じませんでした。

ですがそれは確実に、少しずつ、じわりじわりと近づいて来ていました、、、

そう、、、“しわ”です!!!

26歳じゃさすがにまだしわとか言う歳ではないだろうwww

と思われる方もいるかもしれません。

でも、違うんです。

すぐこの前までお肌ぷるぷるの年齢だったからこそ、

輝かしい若肌時代がすぐそこにあったからこそ、感じるこの“しわ”!!!

私が現在気になっているのは目元の小じわと、口元のほうれい線。

日中鏡を見るとこれまでたまらなかった場所にたまるコンシーラー。

写真に写る自分を見て「あれ?なんか幸薄くない、、、?」

やつらはことあるごとに歳を重ねたという現実を突きつけてきます。

巷で噂のアンチエイジング用のクリームなんかを使ってみようかしらとも思うんですがね。

なんでしょうね。なんであいつらあんなに小さいんでしょうね。お弁当にコロッケが入る時に1回分だけ添えるソースの容器みたいな大きさです。そのうえ高いときたもんだ。

私は昔からうまい棒を基準に金額の大きさを捉える癖があるのですが、もう立派なアラサーということで少し大人になって、大好きなラーメンで考えるとしましょう。

、、、ラーメン10杯分です。あのクリームたち、私の幸せ×10回分とかします。

幸せ10回分のお金を払って、小分けソース1回分の「よくわからないけどとりあえず塗ってる」物質を購入してしまったらどうしようという不安がぬぐい切れません。

こうして私はお弁当に添えるソースの呪いに苦しみながら濃くなってゆくしわをただ眺めることしかできないのだろうか、、、

解けない呪いに捕らわれて

「綺麗になれば人生変わる」

思春期の頃に覚えたそのフレーズを毎朝呪文のように唱えながら、念入りに朝のメイクをするのが10代のころからの日課でした。

アスハダは販売店で購入可能?市販状況や私の口コミ効果をレポートします!

20代、アパレル販売員として働いていた頃の強みは白くて透明感のある肌でした。

ぱっちり二重でアイドル顔の同期には叶いませんが、洗練された「オトナな女性」になら私もなれるはずと、

透明感の出るメイク用品を買い漁ってはよなよな試す毎日。

肌綺麗だね、と褒められるのが何よりもの生きがいでした。

それが30代、事態は急変しました。

早起きして念入りな洗顔、お湯は38度をキープ、1本8,000円の化粧水と乳液を惜しむことなく使ってスキンケアしたのに、

鏡の前に映るのは一週間前から変わらないニキビとクマ、むしろ増えた気がしているシミの数。

口コミレビューでは一位だったコンシーラーでも隠せないくすみ。

夕方になると、お手洗いで鏡に映る自分を見るのも怖くなるメイク崩れ。

20代の頃に思い描いていた「オトナな女性」は、こんなにも疲れて見えていただろうか、

毎日電車の窓に映る自分を見ては落胆していました。

大きな目でもなければすらっとした鼻筋も通っていない、いわゆる準日本人的な顔立ちで、

唯一自慢できるのが白くて透明感のある肌だった私にとって、

この仕打ちはあまりにも大きすぎます。

そうはいっても10代の頃からの呪いはそう簡単に解けません。

SNSで美肌情報を検索しては、綺麗な若い子の肌に羨ましさを募らせる毎日を過ごしています。

どうにかしてこの状況を打破できないか、と形成外科の広告も真剣に読んでみては脳内で電卓をたたき

結局リスクに怯えてそっと画面を閉じたりもしています。

もう一度ハタチからやり直したい、

今度はもうメイクしたまま寝たりしない、朝まで飲んでそのまま出勤なんてしない、

そう思いながら今日も8,000円の化粧水に呪いをかけて過ごしています。

二の腕のぶつぶつが治らない

痛いわけでも痒いわけでもないのに、ただずっと二の腕に赤みを詫びたぶつぶつがあって悩んでいます。
しっかり洗っても、化粧水や乳液でお肌を整えても何の効果も出てこないのに、ある日突然赤みが消えて少し落ち着くことがあります。落ち着いても一瞬なのですが。

http://creatingperspectives.org/

原因もわからず、落ち着く要因も分からずです。
夏は半袖になるので、目立ってしまうし、どうにかしたいと思うのですが何をしていいか分かりません。
二の腕のぶつぶつで皮膚科に行くというのもなんとなく億劫になってしまって、、

しかし、曖昧な知識で高価な薬を買うというのもなかなかできずです。
顔のニキビは皮膚科で専用の薬をもらっていて、とても効果がでて、今ではほとんど治りました。
その薬を試しに二の腕に塗ってみたのですが、効果は見受けられずでした。食習慣の問題ではないかとも思ったのですが、実際意識してみると、顔のニキビには効果があったものの、二の腕のぶつぶつには何も効かなかったので、ただのニキビとは原因が違うのかな、と思っています。

薬局にも様々な薬が出ているようですが、ひどくなってもこまるので勇気が出ず、今はひたすらに保湿をしたり、丁寧に刺激なく洗うように心がけています。

誰か、ほうれい線にきく処方箋を!

わたしはほっぺが人より盛り上がっているため、笑うと若い時からほうれい線がハッキリ。
若い時は気にならなかったが、30歳も後半になってくると顔のことで気になることが一気に増えた。

といっても、それだからといって特に対策することもなく、美容に時間をかけることもなく、悩みが増えても仕方のない日々である。

シロジャム(Sirojam)の最安値通販は?購入して3ヶ月間使った効果と私の口コミを辛口評価でお届け!

そんなある日、大好きな黒柳徹子の本を読んで、ほうれい線には毎朝のマッサージが効くと書いてあり、実行してみた。
ほっぺのリンパの活性化を促すという事だと思うが、効いているかどうかというより、朝の寝ぼけた顔にはスッキリする。
美顔器を使用する訳でもなくセルフマッサージなので、効果が期待出来る保証はないが、とりわけ気分的にスッキリするので、かれこれ2年ぐらいは続けている。

気になるほうれい線も変わってない気はするが、ほかに効果的なものは他にあるだろうか。
今は、コロナ騒ぎでマスクをしての外出が当たり前になってきたので、ほうれい線は隠れる。

しかし、人前で飲食をせざるを得ない時は、マスクを外さないといけないので、少し躊躇する。誰も、自分が気にしているほど見てないのだろうが。

コロナが落ち着くまでに、ほうれい線もどうにかしておきたい。やはりお金をかけるしかないのだろうか?
誰かこんなわたしに処方箋を、プ、プリーズ!

2019年12月30日月曜日ダイエット日記

今日もこれから仕事なので、正式な仕事納めは明日です。
そして仕事始めも1月1日なので、年末年始も仕事です。
もちろんダイエットも年末年始関係なくやる必要があります。

http://issp18.org/

年末年始は家でゴロゴロというわけにもいかない状態なのはいうまでもありませんし、ダイエットしている人であれば休みの人であれば体を動かすということをする必要があるのかなと思うのです。

正月早々にジョギングまでいかなくてもどこか外に出てやりたいことをやるという方法でもいいし、仕事をしている人であれば体を動かす週間を身に付けるということをしてもいいのかなとも思います。

副業をしている人であれば体をはって仕事をしているという人もいるのではないかなと思いますので一石二鳥です。
いずれにしても年末年始は家でゴロゴロはもったいないですし、体を動かすことによってナにかを得られるということもあるので年末年始だからこそ楽しめることでダイエットをするということをやってもいいのではと思います。

もちろん体を動かす趣味に没頭することによって、ストレスも解消されて生活習慣も改善されてダイエットに繋がるわけですから年末年始に思う存分楽しみながらダイエットをするのがいいと思います。

30代に入り、いつまで、”ニキビ”と言い続けていいのか分からないが、そのニキビとの戦いは、年々壮絶なものとなっている。昔はポテトチップス一袋食べても、たくさんのチョコを食べても、生活が乱れていても、ほとんどできなかった。

ビューティークレンジングバーム

なのに、ここ何年かで、ちょっと多め、多めといってもダースなら4粒程度で、ニキビの芽みたく、赤みが出る。その時に、さらに脂分をとってしまうと、みるみる大きくなるので、いかにその時に、食事を見直すのかが重要。食べ物のことであれば、少なめにするなり、バランス整えたりで気をつけることができるが、ホルモンバランスはどうしようもない…生理の前後などは、正にと言わんばかりに、すく芽をだしてくる。

幸い、マスクで、鼻や顎は隠せるが、額は目立つ。また、リモートでのやりとりが増えたため、家の中ではさすがにマスクという手段はとれないため、結局見られてしまう。そこから脱却しようと、ニキビによいと言われる美容クリームを使ったり、食べ物を気をつけたりしても、終わりはみえない。

しかも年々赤みが消えるのに時間がかかるようになったから、さらにどうしたもんかと途方にくれる。ニキビとの戦いに勝つ方法、また、良きアドバイスをいただけると嬉しいなと思う今日この頃。

目の下が黒くてくらそうな印象に

目の下に黒いくまがあって悩んでいます。http://www.foietcultures49.com/

黒はたるみからくる影のせいだと言われているそうです!

年齢を重ねてからできやすいものはずなのですが、20代なのに数年前から黒くまですねと皮膚科の先生に言われてしまいました。

色素沈着や血行不良なのであれば、マッサージをして血行を促したり化粧品を見直して、色素沈着の対策ができますが、黒くまはこれ以上たるまないようにすることしか今のところ思いつきません。

目の周りなので、あまり刺激になっても余計にたるんでしまう可能性があるので、今のところは優しくマッサージをしてこれ以上足らないようなケアをしているところです!

その他に考えられるケア方法としては、レチノールなどの成分が入ったらスキンケア商品などがあります。

しかし、エイジングケアなどに使われることの多い成分が配合されているスキンケア商品は、お値段が高めなものが多いです。

私は基本的に、スキンケアはあまりお金をかけないようにドラックストアで簡単に買えるプチプラのものばかりを買っていました!

当然よく目にするスキンケア商品にはレチノールが入っている物はほぼありません!

何が悩みを解決してくれる商品なのかわからず、とても悩んでいます!

私の肌の悩みは、すぐに赤ら顔になってしまうことです。

私のお肌の悩みは今一番悩んでいることで、夏場にプールや海なんかに行くと、すぐに赤ら顔になってしまうということです。特に知らない間にそうなってしまいますので、日焼け対策はしっかりとしなければならないなと感じています。

http://ari-peru.org/

なかなか思い通りにいかないということと、実際に焼けた跡がピリピリしていたいのでどうしようもなくなってしまうのと、蚊に刺されてしまった後はすぐに大変なことになってしまうというか赤さが充満してしまうところがネックです。

正直言ってもう少し何とかならないものかなと思っていますが、なかなか思い通りにはなりません。仕方がなく自分のお肌を守っていかなければならないかなと思っているところです。最近はお肌の調子が悪い日は特にですがあまり外出しないようにしています。その理由は久が当たってしまうとその部分がピリピリすることもあるからです。もうだいぶ引きましたがそれでも今年の夏もやっぱりひりひりすることが多かったように思います。

もう少し自分のお肌としっかりと向き合って、苦にならないような生活をしていけたらいいなと思っています。もう少し自分のお肌を大事にして、毎日生活できればいいなと思っているところです。

顎下からフェイスラインにかけてのニキビ

私は顎下からフェイスラインにかけてのニキビに悩んでいます。

10代の頃からニキビに悩んでいましたが、20代後半に差し掛かった今でも改善はされていません。
特に生理前が酷く、人から指摘されるような大きくて、白く膿んでいるニキビができます。
大きなニキビは、日常生活をしていると潰れやすく年々ニキビ痕も増えてしまっています。

http://www.wellstone-dc.org/

そのニキビ痕を隠す為に最近のメイクは厚塗りです。

ニキビの原因を私になりに考えて改善できないかと下記のような対応をした事もあります。

最初は肌質が原因と考えました。
昔から私の肌は、脂肌で顔がテカリやすいです。
そのためニキビの原因が肌質だと考えて、化粧品や洗顔料を脂肌用や保湿性が高い物を使用してみましたがあまり変化はありませんでした。

一時期ニキビ用の赤い石鹸を使用した際、少しだけ落ち着いたように感じましたが生理の時期にまたニキビが出来てしまったので使用を止めしまいました。

次に睡眠時間が原因かと考えましたが、現在は育休中で働いていた時より長く睡眠が取れています。
子供のお陰で早寝早起きが出来ているので寝る時間が原因とも考えられません。

最後に食生活が原因と考えました。
今まではインスタント麺や辛いもの、揚げ物など塩分が高いものよく食べていました。
妊娠と出産を機に野菜や魚など日本食をメインにした食生活に変えてみました。
野菜の摂取が多くなったので噛む機会が増え、一度の食事量が少なくなり減量するなど思わずの効果がありました。

しかし、生理前になると変わらず顎下からフェイスラインにかけてニキビが出来てしまいます。

どうしたら顎下からフェイスラインにかけてのニキビが改善する事が出来るのでしょうか。
恐らくホルモンなどが原因かと考えてはいるのですが、どうしたらいいのかわからない状況です。
同じような症状で改善した人や改善方法を知っている方がいらっしゃいましたら教えて欲しいです。

困ったら皮膚科!小鼻の赤み改善への第1歩

「小鼻の赤みが気になる」「スキンケアを変えても赤みが改善されない」
など、お肌の赤み、特に小鼻周辺の皮膚トラブルにお悩みではありませんか?

その原因の1つは「脂漏性皮膚炎」の可能性があります!
脂漏性皮膚炎は、皮脂の多いところを中心に起こる皮膚炎です。
マラセチアという、誰の皮膚にも存在する常在菌が、皮脂や汗をエサにして増えることでかゆみや赤みを引き起こします。

http://mumoftheworld.com/

「赤みが何をしても改善しない…」と悩むなら、なるべく早く皮膚科に行くことをおすすめします!

なぜなら、皮膚科はお肌のプロだからです。
「歯が痛かったら歯医者」「髪が伸びたら美容院」
普段、困ったときは何でもプロのサービスを受けますよね?

それならお肌でのトラブルはプロの皮膚科にお任せしましょう!

これはニキビなども同様です。
ドラッグストアなどに専用商品も多くありますが、ずっと使用しても改善しない場合、早く受診した方が時間もお金もお得になりますよ。

そして実際、私もこの「脂漏性皮膚炎」で皮膚科に通っています。

もともと脂性肌で、ある時から小鼻の赤みに悩まされるようになりました。
何をしても治らない……すっぴんの時、鼻だけが赤く目立つのが嫌で嫌でたまらなく、ついに皮膚科を受診。
先生から「間違いなく脂漏性皮膚炎です。」と言われました(笑)

そこからは適切な医薬品をもらい、少しずつですが、赤みやかゆみが落ち着いてきています。
もっと早く、軽症のときに受診していれば、治りもよりスムーズだったのにと少し後悔…。

なので!!そんな後悔をしないためにも、市販薬ではどうにもならない皮膚トラブルはお肌のプロ、皮膚科へ行きましょう!!
それが美肌への第1歩!自分の肌に自信を持つことに繋がりますよ。

ニキビと思っていたらダニ!?

いつの時代も、女の大敵ニキビ。思春期だけかと思いきや、大人になった今でも、生活環境によりポツンと…。あぁ、なんともつらい。見られたくない。化粧したくない。
ただ、このニキビと思っていたものが実はダニだったら…?

ビハキュア

皮膚科を受診し、抗生剤をもらったもののなぜか治らず日に日に荒れていく肌。周りからの目も気になり、化粧で隠したいけどよりひどくなる。何とかマスクで隠すも、肌の環境が悪くなりニキビは増殖する一方…。
こんな悩みを持たれている方は、もしかすると顔ダニの可能性があります。

実は、誰しもが顔面にダニを飼っています。人間は顔ダニと共存しており、余分な皮脂を取ってくれるなど、いい働きをしてくれています。しかし、暴飲暴食やストレスなどが原因で、このダニが増殖しすぎてしまうと顔にニキビがたくさん出来てしまうのです。この場合、ニキビ治療に使われている薬は残念ながら効きません。しかし、原因を突き止めて対応した薬を使うことできれいな肌を取り戻せる可能性があります。

肌のことで病院に行くのに抵抗がある方もいると思います。また、もうすでに通院しているけど良くならない…と悩んでいる人もいると思います。
そんな人は、ぜひ、セカンドオピニオンをお勧めします。私も、そんな悩んだ人のうちの一人です。

乾燥肌の勝ちなの??

肌が綺麗な人って、乾燥肌なんですって言う人多くないですか…?

わたしは脂性肌で、小学生から高校生まで顔のどこかにニキビが絶対にあった。
大学生になってからニキビは出来なくなったけど、潰してしまったニキビあとや、開いてしまった毛穴に悩まされました。
そして迎えた30代!
昔に比べればいくらか良くなったけれど、相変わらず顔は油断状態!
メイクで抑えても抑えても皮脂出てきます…
ニキビや皮脂で開いた毛穴に加えて、こんどはたるみ毛穴!!!悲しすぎる。

メイプアップ

そんなわたしを尻目に、幼なじみの友人は自称乾燥肌だけど超美肌!
乾燥肌だからあんまりニキビも出来なくて、毛穴も小さい。なんなら見えない。
30代の今でも、なんだか肌が薄くてピーン!としてる感じ。つっぱるって悪いことですか?と疑問に思ってしまう…

なにに気をつけてるの?と聞くと、とにかく保湿!とのこと…よく聞きますね、”.とにかく保湿”って…
脂性肌って実は乾燥してるから…って話も聞いたので、わたしも保湿頑張ってましたが、心が折れそうになるほどのテカリ!
スキンケアって、プラスすることよりマイナスすることのほうが難しくないですか?!と声を大にして言いたい!
乾燥肌対策は一律して保湿を推すけれど、脂性肌対策はパウダーイン化粧水だの収れん化粧水だの、はたまたそれらは使ってはいけない!だの…正解が見えない。
持って生まれた毛穴の大きさで脂性肌か乾燥肌か決まるという話を聞いたときはゾッとした。
脂性肌で毛穴レスな方っているのでしょうか?

あ?乾燥肌に生まれたかった!!

こどもの頃からずっと。

お肌の悩みは生きていて切り離せない案件です。中学生の頃から20代中頃まで脂性肌で汗かきのためニキビも多くて大変でした。常にあぶらとり紙やクレンジングシートを手放すことができませんでした。

メリフバームクレンズの口コミ!

若い頃はお化粧もそんなにしなくてもよかったのと気になるときは常に洗顔それもさっぱりな仕上がりを好み化粧品全般的に脂性肌用を使っていました。潤いやしっとり感よりキュッキュッとした感触にこだわり続けた結果、30代を過ぎた頃から乾燥肌に悩まされることに。常にファンデーションでカバーをして乾燥した職場の中で肌はどんどん乾いていくばかりです。

肌は乾いているのにサッパリした感触が好きだったのでしばらくは脂性肌用やサッパリした仕上がり化粧品を使い続けていました。あるときデパートの化粧品コーナーで肌診断をしてもらい完全に乾燥肌だとなり、30代半ばにしてやっと保湿性の高い化粧品を使うようになりました。無頓着だった美容液やくすみを落とすためのパックなどにも気を使うようになりました。

こどもの頃から色白は七難隠すと教えられていたので日焼けには気を使って生きてきたので日焼けには敏感ですが化粧品の刺激や年齢とともにシミなどがポツポツと目立つようになりました。今の一番の悩みはシミです。お肌の悩みは常に更新されています。

肌荒れは心にも影響します。

私は学生時代全くお肌の悩みがなかったのですが、24歳頃から肌トラブルで悩むようになりました。
原因は社会人になってバタバタと忙しい日々のストレスと、不摂生な生活習慣だったのだと思いますが、メイクをするのも厳しいくらいにお肌が荒れてしました。

シロジャム

決してブスではないと思うのですが、肌が荒れるだけで精神的にも落ち込んでしまい、自分に自信が持てず、引っ込み思案になっていきました。

身体の不調も感じるようになりましたし、今までなかった食物アレルギーまで出てしまいました。
特に便秘症が酷くなりましたし、食が細くなって元々痩せ型なのにもっと痩せてしまいました。
異性にデートに誘われてもそれどころではないし、何と言うか、色んなことが不調になってしまいました。

病院にも通いましたが精神的なことと言われてしまい、自分は鬱病になってしまったんじゃないかと思うほどでした。
そんなときに私の母に健康セミナーの話を聞いて、ダメ元で行ってみることにしたのです。

そこでごく当たり前な話ですが、睡眠のこと、バランスの良い食事のこと、水をたくさん飲むこと、そして肌はタンパク質でできていることなど聞きました。

私がしたことは質の良い浄水器の水を1日2リットルと、植物性プロテインを40gとることでした。
今でも肌荒れが完璧に治ったわけではありませんが、その頃よりずっと肌は良くなりましたし、便秘症も落ち着きました。
肌荒れは栄養不足のサインを身体が出してくれているものだそうです。

高い化粧水を買う前に、栄養のことや生活習慣を見直すことが大事だと改めて実感した体験でした。

長年悩まされているニキビ

私は小学校5年生くらいからニキビがぽつぽつとでき始めて、現在も完治とまではいっていないです。けれど少しずつ良くなってはきています。小学生6年生の頃から兄弟にもニキビができていましたので、私もそうなるのではないかと、洗顔などを始めたのですが、洗顔のみをしていて化粧水などで保湿をしていなかったので、逆に悪化しているような状況でした。

シロジャムの効果

中学生の頃は親とともに高価な思春期対策のニキビヘア用品を買い、使い始めましたが、あまり効果を実感できませんでした。高校生の頃は彼氏もできて、肌のニキビはとても気になる存在になりました。この頃はオーガニックなお肌ケアにはまり、はちみつパックをし始めました。はちみつパックはなかなか良く、肌がよく保湿されて、洗い流した後はとてもしっとり、もっちりします。

はちみつパックのおかげで少しニキビは落ち着きました。その後大学生になり、ピークの年齢が過ぎたのか肌もきれいになりましたが、やはり完治には至りません。特にあごやフェイスラインはニキビができやすく困っています。そしてニキビが収まりつつあるので、今度は毛穴が気になるようになりました。

毛穴が開き黒ずんでしまい、とてもきれいとは言えません。いまではクレイパックのデトックス効果を期待して、週1回のクレイパックによる毛穴ケアと化粧水、美容液、乳液を用いて毎日スキンケアをしています。

まだまだニキビは残っていて、理想の肌とは程遠いので理想の肌になれるようこれからもスキンケアをしてニキビを撲滅したいです。

肌の悩みはノーメイク、そして体の内側から解決できるかも

女性と肌の悩みは切っても切れない関係。恐らく多くの女性が、自分の肌について悩んだりしたことがあるのではないでしょうか?私も思春期を迎えた頃から現在に至るまで、肌の悩みと向かい合い続けています。

セシュレルの評価!

きっかけは周りの言葉から。10代半ばの私は当時、肌の悩みについてほとんど無関心でした。美容という言葉も自分には無縁なものだと考えていたんですね。しかし周囲から自分の顔にあるニキビについて言われたことから、徐々に肌の悩みと向き合うことになっていきます。

一度言われるとついつい気になってしまうもので、鏡を見る度に自分の顔にあるニキビを気にしていました。親に勧められるままにニキビ対策の洗顔料を使ってみたり、通販で肌にいいらしい洗顔を購入して使ってみたり。でも、それで良くなったかと言われるとそうでもなくて、結局色々なブランドの洗顔や化粧品を使ってみましたが、あまり効果は実感できませんでした。

しかし、20代後半くらいになってから、あることをし始めて肌の状態が少しずつ落ち着き始めました。それはノーメイクでいること、そして野菜ジュースを飲むこと。私は大の偏食で野菜嫌いなので、せめて野菜成分をとるためにダメ元で野菜ジュースを飲みました。メイクをやめたのは単純に面倒だったから。ですがそのことをきっかけに、ニキビなどがあった私の肌は少しずつ落ち着き始めました。恐らく私の肌は化粧品の成分に敏感に反応してしまうタイプだったのかもしれません。

野菜ジュースを飲んでニキビが減ったことから、いくら洗顔のブランドにこだわっても体の内側から対策しないとニキビはなかなか治らないということだったのかもしれません。ニキビにお悩みの方は思い切ってメイクをやめてみたり、野菜嫌いならジュースで補ってみるのも一つの手なのかもしれませんね。

色補正の日焼け止めでファンデーションいらず?

色補正の日焼け止めはカメラ写りがいいのですが、シミを完全に隠せるということまでは難しいと思います。

ヴィオテラスCセラムは市販の販売店で取り扱いあり?購入して使用した効果

色補正の日焼け止めは色補正と日焼け止めの機能があってもシミを完全に隠せるのはファンデーションじゃなければ難しいし、ファンデーションはマスクを汚す原因にもなるのでこういうパンデミックが発生しているときはするのもどうなのかなと思ってしまいます。

もちろんファンデーションも簡単に落ちるものではなく、マスクで擦れても落ちないファンデーションを使うことになるのですが、その分クレンジングも丁寧にする必要がありますし、お湯だけで落とせるメイクをする場合は使い捨てマスクを使うのがベストです。

但し、毎日使い捨てマスクを続けるとそれだけマスクを使うことになるのでマスク不足に対応することができないです。

そうなると色補正の日焼け止めをうまく使ってマスクで口元だけではなく、シミも隠すという方が賢い方法なのかなと思うのです。

最近では布マスクでもおしゃれなものも出てきているので、そいうものも活用しつつ日焼け対策と色補正をしていくことこそがきれいを保ちつつウイルス対策もするということが当たり前になるのかなと思うのです。

もちろん清潔なマスクを使うことが条件です。

24歳、顔と身体の肌の悩み

私の顔の肌は混合肌です。混合肌は顔の部位によって脂っぽい状態と乾いた状態が

混ざった肌のことを言います。私の場合はおでことほっぺがよくテカリ、鼻と顎が

カサつきます。洗顔をした後は突っ張っていたり化粧水後は部位によって逆にヌルッと

していたりでケア用品には悩ませられます。ベースメイクも非常に悩むところです。

ネーヴェクレマの通販最安値

テカリを抑えたい化粧品を購入すれば顎はカサカサと粉をふきますし、保湿成分の

たっぷりの化粧品を購入すれば肌はテカリ友人と写真を撮ればピカーっと

光ってしまい恥ずかしいです…。

乾燥肌やオイリー肌の方ももちろん困っていると思いますが混合肌はどのように

ケアや化粧をすればいいのかより難しい気がします。

顔とは違い身体はものすごく乾燥しています。乾燥から痒みが出て無意識のうちにかいてしまい

朝起きると傷になっていたり手の甲は季節関係なしに粉っぽくなっています…。

乾燥しているとシワにつながるので毎日保湿を頑張っていますがカサカサです。

手の甲のシワは見た目年齢をグッとあげてしまうといわれているので身体がツヤツヤの

女性には憧れるものですね。

私の顔と身体…まだ24歳という若さではありますが1日でもスキンケアを怠れば

一気に老化が始まる恐ろしさがあります。

私だけではなく世界中の女性が一番恐れていることはきっと肌の老化なのではないかなと

思うところです。

過去のケアの怠りが、今大きな毛穴や角栓、大量のシミを作ってしまいました・・・。

私は今30代前半の主婦で、美容は昔から大好きです。ヴィオテラスCセラムの効果

メイクは高校生の頃に本格的にするようになりますが、遊び疲れてメイクをしたまま寝てしまう日も多く、朝メイクを落としてまたすぐにメイクする!といった感じでした。

そして社会人になってからはお給料のほとんどを、新しいコスメ、新色のリップなど、化粧品などに費やしていました。

だけど、メイクするのは大好きだけど、ケアについては知識が少なかったし、疲れなどを理由にオフすることを後回しにしがちでした・・・。

そして妊娠出産を経て、初めての子育てに追われ日々メイクできない日々が続いたのですが、「肌が休まるってことでいいか!」と思っていたのですが、日焼け止めすら塗っておらず、本当の素肌のままマスクですっぴんを隠して公園に行ったりすることも多々・・・。

ちゃんとメイクをオフしてこなかったため、小鼻のあたりは角栓ができてしまい、?の毛穴は広がり、目の周りは色素沈着、そして?にはシミがたくさんできてしまいました。

メイクをオフすることの大切さ、メイクしない日でもちゃんとケアすることの大切さを、今この年齢になって痛感しています。

毎日鏡を見ては、あ?若い時にしっかりケアしていればなぁと日々後悔です。

20代になって、基礎化粧品も色々試してきましたが、若さもあったのか大きな効果を感じることができなかったのも、ケアが続けられなかった原因だったのかなぁ。

何にしろ、今からでも赤ちゃんのような肌になりたいと日々模索中です。

私のニキビ肌と解決方法について

現在20代後半です。思春期の頃は全く出来なかったニキビが20代になってから突然出始めました。思春期にニキビと違い頑固で、何度も繰り返して跡になる…そんな状況でしたので手当たり次第できることはすべて試しました。食生活の改善、肌にいいと言われるものは積極的に摂りました。

シロジャムを3ヶ月間使った私の口コミ!効果が出る人がこっそりやってる3つのポイントは?

化粧水等も某デパートコスメでラインで揃え月に2万円くらいつぎ込んでいたと思います。それでも良くならず、いろいろな皮膚科の先生にも診てもらいました。

ですが、個々に合った薬を処方してもらえるというわけではなく(それほど薬の数もあるわけではないと思うので仕方がないかもしれませんが)、「これ最近ニキビの薬として使われてるやつだから試してみてね」といった具合で数分で終わる診察。結局、自分に合った薬に出会うことはできませんでした。それに加え、自分の肌が汚いことへのストレスや薬の副作用による肌の悪化で一時外に出たくないと思うようにもなりました。

年齢を重ねるうち、「恥ずかしいことではない。堂々としてればいい」と思えるようになりました。

それからはデパートコスメをやめて、肌に負担の少ない化粧水を選んだり、隠すように塗っていたファンデーションも薄付けにしました。結果的に今が一番落ち着いた肌になっています。さまざまな商品を試すのもいいですが、ストレスを感じない生活をしたり、肌を隠すことを意識しすぎないことが一番の薬なのかなと実感しているところです。

再発!消えない!ニキビ跡

10代のころからポツポツとニキビがありました。夜更かし、食生活など今にして思えば問題が多かったのですが、それほど目立つものではなかったですし若さのせいか治りも早かったので当時はあまり気にしていませんでした。

ヴィオテラスCセラムの最安値通販は?購入して使用した効果と口コミ

ところが、少し前から頬から顎のラインにかけて大量のニキビができるようになりました。これまでに経験したことのない量です。その時点でまず病院に行けばよかったのですが、皮膚科など行ったことが無かったので中々勇気が出ず、そのうち治るだろうと放置してしまいました。

その結果、見事に悪化。痛みやかゆみを伴い、治りも遅い。お化粧でごまかすことすら不可能なレベルです。周囲からも驚かれるレベルになり、さすがにまずいと病院に行ったのが半年後でした。

お医者様からもこれはひどいと言われたもののニキビの治療は保険適応外のものも多いです。生活に余裕があるわけではないですし、そこまでニキビにお金はかけられません。となると、適応内で時間をかけて治療するしかなく治っては再発を繰り返し、今に至ります。ニキビ全盛期に比べたら大分ましにはなりましたが、油断するとすぐに悪化します。

おまけに治ってきたとはいっても跡が大量に残ってしまったので肌は汚いままです。お医者様にはこの跡がなくなるには年単位かかると言われています。ビタミンcの摂取や化粧水などいろいろ気は配っていますが完治までの道はまだまだ遠そうです…。

そばかすとの付き合い方

 私は、日本人には珍しくそばかすがあります。それも、西洋人に多く見られるような小さくて薄い、顔にぽつぽつとあるような可愛らしいものではなく、顔全体に濃いそばかすが散らばっているのです。それが原因で、学生時代には「気持ち悪い顔」と言われていじめられてきました。http://ffctbourgognefranchecomte.org/

 もちろん、皮膚科に通ったり、高い化粧品を使ってみたり、さらにはカバー力を重視したファンデーションを塗りたくったり、そばかすを消すためにあらゆる努力はしましたが、少し薄まる程度にしか改善されませんでした。むしろ、なかなか思うように改善しない焦りとエスカレートするいじめによるストレスで、改善どころか、よりそばかすが’濃く目立つようになってしまいました。

 転機が訪れたのは、新しい化粧品を買うためにデパートの化粧品売り場に行ったときです。美容部員さんにそばかすの悩みを打ち明け、

「なるべくそばかすがカバーできるようなベースとファンデーションが欲しい」と伝えました。

すると彼女は、

「お客様は肌がお綺麗ですし、そばかすはチャームポイントになりますから、消すよりも薄くする、くらいの意識でメイクされることをお勧めします」とおっしゃってくださったのです。

 聞けば、そばかす対策で行っていた保湿と日焼け対策で、私にはそばかす以外の肌トラブルがほとんどありませんでした。さらに、色も白かったので、美容部員さんのアドバイス通りの化粧品とテクニックでメイクをすると、そばかすがちょうどいいアクセントになって、かわいらしい仕上がりになりました。

 彼女のおかげで、そばかすと上手く付き合っていこうと決心することが出来ました。アラサーの今もそばかすは私の顔に頑固にこびりついています。しかも、加齢のために、保湿や日焼け対策をしても、今まではなかった”隠れジミ”まで現れたので、ますます私の顔面は賑やかになりました。それでもいじめられていた学生時代と違い、そばかすは当たり前すぎて却って存在感がなくなり、代わりに私の表情には自信が溢れています。そばかすとの付き合い方を教えてくれたあの時の美容部員さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ずっと綺麗でいたい女性の美容の悩み

肌に関して皆さん一人ひとりそれぞれ様々な悩みがありますよね。

年を取るごとに日々肌の悩みが増えていくものだなと感じています。

ネーヴェクレマの口コミと美肌効果を暴露!最安値で購入できる通販サイトもご紹介!

私は今年29歳になります。

1番気になる肌の悩みがシミです。

驚くほど、どんどん増えていっています…。

思い当たる節は高校生の頃…。

黒い肌に憧れ、太陽に自ら日焼けをしに行っていたこと。

20歳迄は肌に自信があったこともあり日焼け止めクリームもつけていませんでした。

おかげで23歳あたりから目元にシミがでてきて、

25歳あたりからは首や腕にもシミがでてきました。

今現在もどんどん増えていくシミが恐ろしいです…。

2番目に気になる肌の悩みは、生理前に顎のあたりにできるニキビです。

このニキビの跡がなかなか消えないのです。

だから化粧の際はファンデーションで隠すことに必死です。

ネットで調べると女性ホルモンによるものだと書かれていて、今更ではありますが、そろそろ改善策を見つけていこうと思っています。

これからまた更に歳を重ねると共に、しわ、たるみ等、新たな肌の悩みが増えていくと思います。

女性はそれでも出来るだけ綺麗でいたい生き物。

私は出来るところは改善していき、出来る限り頑張って、死ぬまで美を大事にしていきたいと思っています。

肌荒れに悩まされて大変

私は大阪府に住む29歳のOLをしていますごく普通の一般女性です。ヴィオテラスCセラムの最安値通販は?購入して使用した効果と口コミ!

幼いときから肌荒れに悩まされており気温が急激に高くなる夏場だと汗をかいたときにハンカチで顔をふくとネタネタするし急激に寒くなり暖房がないとやっていけなくなるような冬場になると肌が乾燥して外出中にマフラーをするとき顔回りがチクチクして集中して自転車をこげなくなり中学校のときに転倒事故にあったため現在冬場では家から最寄り駅まで自転車通勤なら10分でいけるのをわざわざ徒歩25分かけて遠回りをするようなことをしています。

当然毎年悩まされているので毎年夏場と冬場には皮膚科にいって診てもらい医師から処方されたぬり薬を使っています。塗った最初はかゆみがひくのですが数時間たてば元通りに戻りかゆみがでます。

医師からは「痒いかもしれないけどかくのは厳禁だからね」と言われましたが、言葉では受け止めているものの行動には移せないところがありかいてしまって本末転倒な結果に終わるときもありました。

痒いからといってかくと余計ひどくなってしまうのは理解してますがなかなか治らない、私はいったいどうしたらいいのでしょう?と思ってますが何事もあう、あわないがあるため現在は衣服を着る時にはインナーだけ裏返しに来たり他にあう薬がないか探しているところです。いつか治ることを祈って。