体臭につながる食べ物とは

体臭は日々の何気ない食生活と密接な関係にあることから、完全に避けなくても、知っておくだけでも無理なく体臭対策につながります。体臭につながる食べ物の代表格は、
肉類です。肉のタンパク質の消化にはエネルギーをたくさん使って体温が上昇して汗をかきやすなり、この汗に含まれているタンパク質や、脂質が体臭の原因になるのです。

http://www.ehma2018.org/

体臭につながる食べ物としてよく知られているにんにくは、アリシンという成分が体臭や口臭につながります。また、牛乳やチーズ類といった動物性脂肪の乳製品は大腸でたんぱく質が腐敗して体臭の原因になります。中性脂肪やコレステロールや中性脂肪の原料でもあり、摂りすぎると血液中の中性脂肪やコレステロールが増えて過酸化脂質になると同時にあらゆる臭い成分の生成が促されます。

辛いものやアルコール類も原因として挙げられます。辛いものは発汗作用があることから、この汗が雑菌と混ざって体臭になります。また、アルコールは体内でアセトアルデヒドという成分になり、この成分が血液を通過して汗腺や肺に届くことが体臭の発生につながります。さらに、アルコールで唾液の量が減ることで口臭が気になることも覚えておきたいところです。