思っているほどバストは小さくない!

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます。

TrueUP(トゥルーアップ)

私は以前女性下着のショップでアドバイザーとして勤務していました。

この記事を開いてくださった方は、きっとご自身のバストに多少なりとお悩みを抱えていることと思います。

そこで、少しでも私の経験がご参考になればと思いこの記事を書かせていただきました。

今日は、数あるお悩みの中でもダントツで多かった、お胸が小さい、というご相談についてお話しさせていただきますね。

実は……

「お胸が小さいから、大きく見せたい」

とおっしゃるお客様の大半は、本来のバストサイズよりも2カップほど小さなブラジャーを着けていらっしゃいました…!

小さいブラジャーを着けていらっしゃれば、当然お胸は潰れて小さく見えてしまいます。

と、いうのも日本人の体形は骨格上欧米の女性に比べ鎖骨の下、バストトップの上がかなり薄くなっています。

そのため、実際はご自身のサイズに合っているにも関わらず動いているうちにカップ上部が浮いているような感じがしてしまうようです。

しかし、だからといって安易にカップサイズを下げてしまうと、お胸を潰してしまいその圧迫で更にアンダーまでサイズのズレが生じてしまっていることが非常に多くありました。

カップもアンダーもご自身のサイズと差が出てしまうと、お胸の形が変わってしまったり、アンダーとの差がはっきりせずお胸を小さく見せてしまったり、脇が擦れてお肌にダメージを与えてしまったりします。

もし、下着屋さんでフィッティングを依頼して購入したブラジャーのサイズが早い段階で合わないと感じた場合、その多くはまず肩紐の弛みにあります。

ブラジャーはワイヤーの歪みは日々のお手入れでそれ程目立って出てきませんが、肩の動きに合わせて肩紐がどんどん弛んでいってしまいます。

肩紐が緩むとカップ上部が倒れてしまい、その隙間が「もしかして購入したブラジャーが大きかったのかも……」という心配に繋がっているようです。

ブラジャーの肩紐調整は実はとっても簡単で、ブラジャーを着けていただいた時に二の腕の真ん中にアンダーを合わせ、前部分と後ろ部分が水平になるようにします。

その状態で肩紐に腕を通していただき、さらに指2本分肩紐に通した時にキツく感じなければベストです!

ぜひ、一度肩紐の調整をしてみてくださいね。