きれいな肌から自信を

お肌にとって大切なのは水分をいかに残すか。

水分は、お顔以外の体、皮膚のある個所全般にいえることになります。https://www.redtortuguera.org/

ここで言いたいのは、どんなスキンケアよりまずは水分不足の解消をするほうが1番のスペシャルケアであること。具体的にいうとニキビの原因もお肌の乾燥もむくみも、すべて水分が関係しているということ。

まず、ニキビの原因

お顔のニキビには種類があります。膿のたまったもの 赤みを帯びた炎症のあるもの、この2種類が主に悩みの多いニキビの原因です。

膿のたまったものの原因は皮脂の過剰分泌など脂性、思春期などに多く見られます。

まず、しっかり余分な脂を落とすこと。こすらず、皮脂の多いところも優しく洗う、保湿はさっぱりしたものを選ぶと解消することがあります。

赤みを帯びたものの原因は水分不足、摩擦によるダメージなどです。

まず、洗い流しすぎなどは厳禁。1分以上の洗顔は不要 市販の大体は洗浄力がいいものが多いため長めの洗顔はいりません。

保湿は、とろりとしたものを選び、少しずつこまめに入れていく。1円玉くらいを4.5回ほどなじませるこの際こするのはNGです。

水分が不足するだけで、便通が悪くなり、それによりお顔にはニキビも多くなり。体調も悪くなります。

1日少なくても1リットルは水分をとることによって今の日常も快調に向かうかもしれません。